学校の試験勉強のコツ

日本では基本的に中学校あたりから定期試験というものが行われるようになり、学生はテスト勉強に追われます。これの成績によって数年後の進学先が大きく左右されるためです。

中学校までの試験勉強

私立のレベルの高い中学校などでなければ、生徒は近隣に住んでいる子が入学してくるので、その個人個人で学習能力に大きな差が生まれます。そのため定期試験が難しい物になることはあまりありません。授業で取り扱った内容をしっかりと復習すれば高得点を取るのは簡単なことなのです。日々の授業で先生の話を聞いて後で復習できるようにノートをとっておくことが一番の高得点への近道でしょう。

高校の試験勉強

高校生になっても学生は試験と縁を切ることはできません。むしろ中学校の頃よりも得点に敏感になる事でしょう。それはある一定の点数を下回れば進級すら危ぶまれる、赤点が存在するからです。
そんな高校の試験対策は、高校によってマチマチです。レベルの高い学校であれば授業で教わったこと以上のことを要求されるともあります。しかしそうでない学校であれば基本的に中学校の頃と同じように授業でやったことをしっかり復習すれば困ることは無いでしょう。日々の積み重ねが結局は最も重要なのです。

Leave a Comment