2021年度の夏休み期間

日本の学校の夏休みは7月末から8月いっぱいがほとんどです。しかし、厳密な期間は地域によって大きく異なります。例えば北海道だと2021年度の夏休みは7月24(土)~8月17(火)の24日間だけで、日本で一番短い夏休みとなっています。この理由としては、北海道は涼しくて夏の猛暑の影響を受けませんが、代わりに冬の寒さが厳しいため、冬休みを長く確保するためです。

沖縄の夏休みは長い?

では逆に酷暑が続く沖縄の夏休みは長いのでしょか?沖縄の2021年度の夏休みは7月22日(木)~8月22日(日)までの33日間でこれは全国平均の36日間より3日少ないです。詳しい理由は不明ですが、年中暖かい沖縄の子供は酷暑の夏に対する耐性がついているからかもしれません。

各地の夏休み

東北の宮城県仙台市で、7月21日(水)~8月24日(火)までの35日間。
関東の東京都新宿区で、7月21日(水)~8月31日(火)までの42日間。
関西の大阪府大阪市で、7月21日(水)~8月24日(火)までの35日間。
中部の愛知県名古屋市で、7月21日(水)~8月31日(火)までの42日間。
中国の広島県広島市で、7月21日(水)~8月31日(火)までの42日間。
四国の愛媛県松山市で、7月21日(水)~8月31日(火)までの42日間。
九州の福岡県福岡市で、7月22日(木)~8月26日(木)までの36日間。

Leave a Comment